ナチュラルで魅力的に!カラコン通販の紹介ブログ

ナチュラルに魅力的につけれるカラコン通販の紹介をします

低含水率のメリットで選ぶカラコンは?

カラコンの箱についている表記の詳細をみると含水率が載っています。

f:id:smken0314:20170625170521j:plain

また、販売店でも表記されているのはご存知かと思います。

 

一般的には、含水率が50%未満の表記は「低含水レンズ」の扱いとされています。

 

低含水レンズを選ぶメリットとデメリットについて触れみましょう。

 

デメリットについて

 

つけ心地の面では、フィット感が劣り、酸素透過率が低いので、酸素不足になりやすいのです。

そのため、角膜に負担がかかりやすいので充血しやすくなります。

そのため、目薬(カラコン用)を与えることが必要な方も多いのも事実です。

瞳の表面が汚れたり、ゴミが入ったり、ゴロゴロと違和感を感じたりします。

 

メリットについて

 

低含水率のカラコンは、ほとんどレンズの厚みが薄いのが特徴です。

そのレンズをつけると、長時間でも目が乾燥しにくいとされています。

特に、瞳の乾燥を抑えたい、目が乾きやすい、ドライアイの方、涙が少ない方は低含水レンズがオススメと言われています。

 

学校や職場、長時間の装用を考えている方は、低含水率のカラコンがおすすめです。

 

低含水率と高含水率のカラコンこちらをチェックしてみてください!

☆.。.:*・☆.。.:*・

含水率から選ぶ!目が痛くならないカラコン<<<こちら

☆.。.:*・☆.。.:*・

☆.。.:*・☆.。.:*・